家庭的雰囲気の中で『心』を育む学童保育

当クラブは小学1年生から6年生までの児童に対し、家庭的雰囲気の中で心を育む学童保育施設として平成28年12月24日に誕生致しました。

子どもを見守る支援員が居て、放課後安心して帰って来られる『第二のおうち』です。愛情いっぱいの中で学び、未来の可能性を広げる力を伸ばしていけるよう様々な事に取り組んでいきます。

働く保護者の皆様が安心してお仕事に集中できるように、生活面、教育面はもちろん、人として守り育てられるような場を提供させていただきます。“どうしよう”そんな思いが少しでもあった時は、どうぞお話しください。そんな時こそ何かのお力になれるかもしれません。

家庭的雰囲気の中で『心』を育む学童保育
日当たりのいいプレイルーム

日当たりのいいプレイルーム

別室の学習室

別室の学習室

手作り軽食

手作り軽食

手作り弁当

手作り弁当

支援体制

宿題や自主ワークは文字の書き方からきちんと指導。もちろん!春・夏・冬休みの課題もサポートします。子どもの宿題から解放され家族間のコミュニケーションづくりの時間に変わります。また、ごあいさつの習慣化、「ありがとう」と言える心を育てます。
その他多様なライフスタイルに対応いたします。なんでもお気軽にご相談ください。

一人ひとりが主役

リラックスして過ごせる空間・時間を提供します。
たまにはケンカもよし。仲直りは更によし。
異年齢仲間とのきょうだいのような関係性は“育ち”を培う場に。
本が好き。ブロックが好き。マンガが好き。折り紙が好き。みんなちがってみんないい。(金子みすずさん)

専門性プラス

保育士、幼稚園、小学校教諭資格保持者の経験豊かなスタッフが、一人ひとり愛情を感じられる生活の場にします。
見守りと寄り添い。子どもの声はもちろん、声なき声に心と耳を傾け、きちんとていねいに向き合います。

代表からの挨拶

代表からの挨拶

2021年度のスタートです。
2020年2月から地球を襲っております新型コロナウィルス。衰えを見せないどころか新変異型も加わり、益々猛威を奮っております。そんな中、ご利用のお子さん、スタッフが無事に新年度を迎えられますこと、今まで関わって下さっております、すべての皆様方に心から感謝を申し上げます。

3/31六年生の卒業生をお送りし、翌日4/1からはかわいい新一年生にご利用頂いております。送った六年生と迎えた一年生。当然ながらその大きなちがいを目の当たりにし、一日一日の積み重ねの偉大さを改めて実感しております。その大切な時間に携わっております私どもスタッフは、ここでもういちど足を止め、その責任の重さ、深さをしっかり見つめ直す作業をしなくてはなりません。

当分、マスクとは決別出来そうにありません。三密の回避、換気、手洗いと消毒、検温、出来ることすべてをしっかり励行。安心安全なゆうかはもちろんのこと、ありがとう‼お陰様で‼の心を育むゆうかづくりに励んで参ります。それには私どもゆうかに関わる大人たち各々が「人として」のスタートラインに立ち、自らを省みて精進してまいります。

コロナ予防の観点からたくさんの制限の中、お子さんの心の負担をできるだけ軽くし、“楽しい”と思って頂けるゆうかタイムを紡いで参りたいと思っております。

今後ともご指導、ご支援をよろしくお願い申し上げます。
いつもありがとうございます。

2021年4月5日記

代表 岡野美千代